そらマメさん鉄道局・流通局

ココでは新聞の流通考察・鉄道旅行話などを。

梅雨末期の大雨ごときでギャーギャー騒ぐの、それ報道とちゃうやん()

 タイトルの通りである。九州北部の場合、6月末~7月中旬になると、梅雨末期の大雨が降るのは例年のこと。確かに昨年の九州北部豪雨の一件があることから、異常気象と結び付けてワイドショーや新聞などで大声でギャーギャー騒ぐのがジャーナリズムというらしいが、別にコレは

 

  • タイミング悪く線状降水帯が発生し、極地的に大雨が降ってしまったこと
  • 大雨が降った場所に人や民家が集中しており、運悪く土砂災害に巻き込まれたこと

 

 という「絵になるモノ」があったからに過ぎない。つまり、記者の視点にしたら偶然の一致で報道しているだけだろう。

 

f:id:fuwafuwaame:20190626064845j:plain

や~ねぇ、この豪雨、また今年もやってきたか。

 

 一介の読者・視聴者である私の意見としては、ヤジ馬になって大騒ぎするのではなく、気象庁内閣府・市町村役場などから発表・提示されている防災マップの公開と、被害が発生した時の避難場所・避難時のポイントを、紙面の分かるところに常に掲載することである。「水害を忘れない」とストーリーのある感動話をgdgd説明するよりも、住民が災害に巻き込まれた場合でも迅速に対応出来るよう、情報を常に提供することで、災害軽減のヒントを正確に伝えるところにジャーナリズムがあるのではないか。

 

【参考リンク】

 

梅雨前線の正体 (新しい気象技術と気象学)

梅雨前線の正体 (新しい気象技術と気象学)

 

 

ドキュメント豪雨災害 西日本豪雨の被災地を訪ねて

ドキュメント豪雨災害 西日本豪雨の被災地を訪ねて