そらマメさん鉄道局・流通局

ココでは新聞の流通考察・鉄道旅行話などを。

N国党の爆笑政見放送、どことなくフリーウェイクラブを連想してしまった件

f:id:fuwafuwaame:20190711170709p:plain

今回の参議院選挙で、最もネタにされたN国党。

 

 公共の電波を使って、ユーチューバーが度を超したウケ狙いのことを言っているのと理屈は同じ。実際、泡沫候補者の話を聞いてると「継続振り込みをした後で無視すれば良い」など、受信料支払いに関する違法行為を平然と発言している。どうせ泡沫候補なので、落選する可能性はほぼ100%だが、供託金没収だけでなく、違法行為を平然と公共の電波を使って発言した以上、選挙後にNHK側から別件で訴訟沙汰になる可能性が大きく、それをきっかけに受信料納付が今以上に厳罰化されるだけだろう。

 

 NHKとは畑が異なるものの、かつて「高速道路の通行料が高いから、抗議の一環として料金を払わない」といって暴走した組織が昔ありまして。フリーウェイクラブという犯罪集団なんですがね。結局、その代表は不正通行や脱税容疑などで摘発された上、実は貧困ビジネスに手を染めていたという裏話が出てきて大騒動に発展し、有料道路制度の仕組みを扱った道路整備特別措置法の改正で「支払わなかった者は刑罰を処す」となって厳格化された経緯があるわけ

 

 N国党がどのような理念を抱いているかは知らんが、自分たちがやってる政見放送で疑似ユーチューバー(どう考えても違法に近い)」は、政見放送そのものに対する規制、もしくは出演料名目で供託金の増加NHK・民放・インターネットメディア・総務省選挙管理委員会などにも支払わないといけないetc)が起きるだけでなく、受信料制度の完全義務化(≒国営化とは限らない)へ舵を切る公算が高まるとみているため、ネタ画像としての流通以上に深刻な事態に発展するとしか思わない。

 

news.yahoo.co.jp

 

 上述の山本一郎さんの話に通ずることだが、N国党のお笑い政見放送とは別に、受信料とNHKの運営体制に関しては、幅広い国民的議論は必要。私はNHK第1と第2を区別する際、第1テレビ(総合テレビ)は税金で運用する国営放送の形態で運用する形で無料化する代わりに、中立性重視のニュース・ドキュメンタリー・国会中継・行政情報・天気予報・緊急性を伴う報道番組を流す。一方、第2は個別契約の形で有料化した上で、そこで相撲中継・スポーツ中継・バラエティ番組・教育番組・福利厚生番組などを放送するなどして、国営と公共放送を分離させる案を導入する方がいいと思っている。個別契約を望まなければ第2はスクランブル化していいし、受信装置の有無を問わずに、最も公平に視聴者のニーズに応えられる。

 

 ただ、NHKとしては聞く耳を持たないだろうし、国営化となれば政府のプロパガンダに悪用されてしまうリスクもあって、なかなか難しいところがあるとは思う。(客観)

 

 ※ ↓は、前出のフリーウェイクラブの犯罪活動記録。絶対に真似しちゃダメだよ有料道路事業者は、不埒な不正通行を犯した者に対しては、毅然とした態度で対応している

払いません。―ナンデ?モッタイナイ!

払いません。―ナンデ?モッタイナイ!