そらマメさん鉄道局・流通局

ココでは新聞の流通考察・鉄道旅行話などを。

令和時代、そして戦後日本における史上最悪の放火事件

www.nikkei.com

 

 京都アニメーションでの爆発事件は、執筆段階で少なくとも10人以上が死亡しているとの情報を聞いている。

 

 京アニ製作のアニメ作品は、キャラクターが自然体のように動く大変品質のよいコンテンツに加え、「けいおん!」や「涼宮ハルヒシリーズ」など、私が20代の頃には色々と釘付けになった作品を多数輩出している。そうした貴重な日本のアニメ産業を担ってきた企業が事件に巻き込まれるのは、端から情報を受け止めていた私ですら億劫な気持ちになるばかりでなく、企業に対する攻撃を行った犯人に対しては、いかなる理由あれども大変遺憾。何の落ち度もなく事件に巻き込まれた関係者の皆さまには、心からお見舞い申し上げます。そして、幸いにも生き残れた関係者の皆さまも、一刻も早い回復をお祈りいたします

 

f:id:fuwafuwaame:20190718173703j:plain

木幡駅の近くにある「本体」が狙われたことで、設定資料などが紛失してしまわないか心配。

 

 犯人がどのような経緯で問題を起こしたのかという真相が待たれるのはともかく、一番気がかりなのは、製作現場に資料がある場合。そこにデータ類を保管していたとすれば、過去の資産が全てぶっ飛んでしまうことにもなり、いかにして知的財産を守っていくのかを考えさせられる事案でもあると思う。

 

 世界中の人たちから、京都アニメーションの今後を心配する声が聞かれる。私としても京アニブランドはこれから先も続いて欲しいし、出来るだけ早期に復活して欲しい。と同時に、島国日本でも(規模の大きさや目的はどうあれ)こうした大規模な事故が身近に起きる可能性が十分にあることを教訓として学ぶべき事件ではないだろうか。

 

 今の地点ではこの程度しか申し上げることが出来ません。辛いです……