そらマメさん

ただ思ったことをカキコするだけ。

BRT転換後の日田彦山線

mainichi.jptetsudo-ch.com

添田~夜明・日田の取り扱い】

  • JR九州は支援が必要との立場を示す一方、福岡県・大分県添田町・日田市は財政支援を拒否。
  • 東峰村のみ財政支援でも復活を求めるよう声明を出しているが、事前に福岡県サイドから「引導」を渡されている。
  • 従って、鉄道での復活の可能性は無くなり、事実上の戦力外通告
  • 代替として、下記に示す「BRT日田彦山線(仮称)」でバス転換。

【BRT日田彦山線の基本的な考え方】

  • 具体的なルートマップは3月末の「最後の会議」で決定するものの、基本的には「バス専用道+現在のバス代行を恒久化」。
  • 彦山駅筑前岩屋駅はバス専用道を整備し、定時性を確保。
  • バス専用道以外の添田~夜明・日田に関しては、居住区となる一般道路(八女香春線・国道211号国道386号)を活用。その上で、沿線住民による「(廃止予定の)鉄道駅までのアクセスを改善して欲しい」という声に応えるべく、BRT駅(バス停)は徒歩圏内の身近な場所に移動・新設する形で検討。
  • バリアフリー車両を導入し、バス乗車における負担軽減(段差の解消・本来の鉄道駅におけるかさ上げの調整)・バスロケーションサービスの導入などで利便性を向上する。
  • ダイヤは現在の代行バスと同様、日田駅までの直通運行とし、添田・夜明・日田の3駅での鉄道の接続を強化、及び、バス・タクシー乗り換えを強化。
  • 上記の案を軸に、地域振興・観光振興・利便性といった観点からブラッシュアップを行い、最後の会議となる3月末で議論・合意を目指す。
  • 廃止が予定される添田~彦山・筑前岩屋~夜明までの鉄道施設は、自治体と協議した上で用途を決めるが、特に要望がない場合は、引き続き、JR九州保有物とする。
※一連の記述は、報道機関・議事録の記載をもとに作成。

 

f:id:fuwafuwaame:20200212175931p:plain

BRTの形態に変わった後の「日田彦山線」で会いましょう。