そらマメさん

ただ思ったことをカキコするだけ。

高速道路レポートの「ラインカラー」

fuwafuwaame.hatenablog.com

 以前にも申したように、NEXCO西日本管内では工事箇所があるからと言って、特段、個別にラインカラーは策定されていない(単に「青」で案内されていることが多い)。が、高速道路レポートでは、せめて中日本・東日本と同じように路線別ラインカラーを策定して、雰囲気だけでも路線を象徴させたいという思惑から、非公式ながらも敢えて線区単位で配色設定を行っている

共通事項

 独自のラインカラーを定めていない線区に関しては、下記の基本ルールを持たせるようにした。

 これらの条件がほぼ当てはまるのは、特にラインカラーを策定していない九州支社管内。今の地点ではムリしてJR九州に合わせるのもなー、って感じなので、敢えてNEXCO標準で対処している。

高速道路ナンバリングとの関係

 高速道路ナンバリングと独自のラインカラーは、必ずしも一致していない。山陽道レポートでは2020年2月の地点で合計3色(黄緑・赤・青)を線区単位で採用している。

中国支社管内(≒JR西日本岡山支社・広島支社・米子支社)

f:id:fuwafuwaame:20200212192636p:plain

[E2] 山陽道のうち、尾道JCT~広島JCTは「黄緑色」。
……どこかで見たことがあるアレと同じ配色。

 中国地方の高速道路・有料道路を担当する西日本高速道路中国支社エリアでは、並行するJR西日本(岡山支社・広島支社・米子支社)で使われているラインカラーを、ほぼそのまま当てはめている

 まず、路線と重複、または限りなく近接な線区をザックリと抽出し、その線区で使われている駅名標の配色を高速道路レポート、及び、SA・PAレポートに適用する。単純に当てはめた場合、下記の通りになった。

 NEXCO西日本中国支社とは別に、国土交通省が管理する無料区間も存在するが、ココではそうした有料・無料の違いは考慮していない。また、線区と異なる場所があっても、基本的には別の高速道路に乗り換えるジャンクション(一部はインターチェンジ)単位で仕分けしているため、必ずしもJR線区とNEXCOでは、駅とICの位置関係は一致しない。

 並行するJR線が存在しない路線に関しては、一部を除いて完全オリジナルのラインカラーを策定(予定)している。個別にラインカラーを策定した方がよいと考えている路線は、下記の通り。

  • E73岡山道:ピンク
  • E74浜田道:茶色
  • E75東広島呉道・東広島高田道路:緑

 このうち、岡山道(訪問予定)に関しては、起点の岡山JCTから総社ICまでの区間にJR吉備線が近隣にあることから、それを借用。浜田道は山岳地帯を通るという理由で茶色に、東広島呉道に関しては東広島市の市旗に使われている色をモチーフにしている。

 それ以外の線区中国道・広島北JCT以西、山陽道・大竹JCT以西)は、並行するJR山陽本線駅名標JR西日本のコーポレートカラーになっていることから、高速道路の方もNEXCO西日本のコーポレートカラーをそのまま使用している。また、前述までの路線に該当しない地域高規格道路では、従来通りに無所属を示す「グレー」を適用している。

 正直、全く以て意味不明な策定だが、完全オリジナルなので、あまり深い意味は持たせないようにする(^^;

四国支社(≒JR四国

 今年はしまなみ海道を経由して、十数年ぶりに四国に渡ってみようかと検討している。時間があればサイクリングロードも体験したい。

 四国の高速道路もお遍路みたいなノリであちこち行きたいが、まあ、そこまでやれるかは謎。とは言え、少しでも四国支社管内の高速道路を制覇できるよう、頑張ります(^^;

 四国支社管内では、特定の時期を活用して一斉に集中工事を行う方式が採用されており、路線ごとにラインカラーを地域支社レベルで導入している。

f:id:fuwafuwaame:20200212205935p:plain

四国支社管内のラインカラー。4路線+αしかないので、ある意味シンプル。

 工事期間中に公表される集中工事の色を見ると、

 を設定する傾向にある様子。なので、もしも四国に上陸した時は、このカラーリングをベースに高速道路レポートを書けたら良いかな、と見込んでいる。

関西支社(≒アーバンネットワーク

 実際に行けるかどうかもよく分からない関西の地は、2020年2月の地点では全く考慮していない。多分、そこはNEXCO西日本標準カラーで固定化するんじゃないのかな?

総論

 単なる自己満足の世界なので、目くじら立てて「ココはこうしなきゃ」ということはしていない。根にあるのは、どことなく八日市ICなどで接続する "他社線" の存在感だろうなぁ。