そらマメさん鉄道局・流通局

ココでは新聞の流通考察・鉄道旅行話などを。

スマートEXのCMに出てくるイコちゃん

 交通系ICカードを改札代わりに使えるスマートEXのCMで、JR西日本側における一般的な交通系ICカードICOCAに指定されていることから、例のイコちゃんが登場している。

f:id:fuwafuwaame:20200401103526p:plain

家でもスマート(スマート★)


【<公式>JR西日本】スマートEX「家でも会社でも」篇

 2020年度ダイヤ改正版のスマートEX for JR西日本のCMでは、イコちゃんが新幹線予約をして改札・乗車をする内容になっており、それに合わせてスマートEXのうたを歌っている。はて?やたらと若くてイケメンっぽいけど、これ誰なんやろう?

 そう思って調べたら、声優の梶裕貴さんが担当していることが判明進撃の巨人」の主役であるエレン・イェーガー役や、「マギ」のアリババ・サルージャ役などで知られる。Twitter上で確認できたため、間違いない。

 それまでイコちゃんの声いったら、落語家の桂小枝師匠という印象だったため、ココでのイコちゃんは概ね20~30代の青年層向けに作られたモノじゃないか(相当の若返り)?何て思ったりした。

 一方で、紙粘土イコちゃんにおける、ICOCA改札機の使い方CMでは、こどもがナレーションしており、イコちゃんの声は必ずしも若者・年寄りと限定されている訳では無さそうだ。


【<公式>JR西日本】 ICOCA CM

イコの声の歴史(邪推)

  • こども時代(イコ太・イコ美ではない):本当に子供っぽい声
  • 20~30代(スマートEX):イケメン声優で、まるで美男子だとカモノハシが思い込んでいる?
  • 60代~(初期ICOCA):声が枯れ始めたお爺ちゃんの声。完全なイコ・カモノハシ教授になって、次の世代の若僧・小娘(≒仲間由紀恵 or 中条あやみ)に交通系ICカードの使い方を伝授。

(イコちゃん)時系列バラバラやん……

 イコちゃんが登場するCMでも、実際に民放で放送するものと、JR西日本の駅窓口に設置されたモニターなどでスライドショーの形で上映するものとで対応が異なっている。なので、イコちゃんの声というのは、JR西日本が提示したものは「ある特定のイコちゃんの姿」に過ぎず実際のところはICOCA利用者や、イコちゃんぬいぐるみを持っているオーナーさんの意思・判断に委ねられているのが実情なのかもしれないSuicaペンギンの設定などは、Suicaを所有する人ごとに考えを委ねているのと同じ)。