そらマメさん鉄道局・流通局

ココでは新聞の流通考察・鉄道旅行話などを。

スポーツ紙の統廃合が加速か?

 新型コロナウイルスの爆発的感染が続く中、芸能界やスポーツ界にも続々と感染者が拡大し続けている。昨日だけで東京都で陽性反応(≒感染)と認められた患者数が4月1日の地点で累計587人に達しており、常に60人以上のペースで感染者数が拡大している結果になる。このまま進めば、1週間後には累計1,500~2,000人に達するのは現実的なラインで、日本全体で見れば5,000~10,000人にまで拡大している可能性が高い。

 以前、阪神の某・若手有力投手が新型コロナウイルスに感染して大騒動になったが、感染経路が不明になってしまった現在では、いつ、誰が感染してもおかしくない。患者を受け入れる病院も無くなり、事実上のオーバーシュートによる医療崩壊が起きれば、太刀打ち出来なくなるのは確実だろう。

 プロ野球の開催日を4月下旬から5月中旬にまで延期する案が浮上しているが、これも怪しい。となると、数ある新聞の中で、一番「統廃合の危機」が起きるのは、実はスポーツ紙ではないのか。特に野球情報に依存しているメディアは最も危なく、他にもプロ野球・プロサッカー・大相撲もダメ、公営競艇でも誰かが感染したらダメ、芸能界は……微妙か。その状況下ではレース情報も掲載することが出来ず、ネタ記事のストックも底を突いて、ページ数を大幅に削減するか、もしくは親玉の一般紙と統合する形で、事実上の休刊・廃刊が発生する可能性だってある

 つまり、政府がそう言ったわけではなく、自発的に「令和版の一県一紙令」が起きる可能性がある。エンタメ程度なら時代の流れで片付くかもしれないが、これが一般紙にまで普及してくるとなると、さあ大変。って、一般紙までそんなオチになるのだろうか?(広告出稿が激減してページ数削減が起きる可能性はあるが……)

f:id:fuwafuwaame:20200402063504j:plain

スポーツ紙はいよいよ、(一部を除いて)冬の時代に入りそう?