そらマメさん鉄道局・流通局

ココでは新聞の流通考察・鉄道旅行話などを。

緊急事態宣言を憲法に盛り込むべきか

 私はどちらかと言えば、賛成。今回のコロナウイルス騒動自体は、正直、発動タイミングが遅すぎたものの、国民が身勝手なことをしてパンデミックになるよりかはマシである。ただ、その後の感染拡大で一喜一憂したり、政府内や専門家・与野党・中央省庁・医師会などの医療現場の意見が全く噛み合わず、常にgdgdで世論の「空気」でレッテル貼りに終始するような状況下は、東日本大震災が生じた時の「不謹慎厨」の暴走とあまり変わらない。

 コロナウイルスに限らず、巨大災害や戦争・紛争が勃発した時、コロナウイルスやチョッと前の東日本大震災時に見られた不謹慎厨の暴走を抑えるためにも、ちゃんと憲法レベルで「有事の際には緊急事態宣言を発動できる」「発動中は一時的に国民の権利が制限されるものの、生活が不安定にならないよう、生活保障を政府が責任を持って行う」といった概念が必要ではないのか?