そらマメさん鉄道局・流通局

ココでは新聞の流通考察・鉄道旅行話などを。

福岡県 京築地方の新聞流通考察

fuwafuwaame.hatenablog.com↑の記事も参照。

 北九州地域に向けて発行される新聞は、北九州市はもちろんのこと、その近郊にあたる中間市行橋市豊前市遠賀郡京都郡築上郡にも流通されている。聞き慣れない言葉だが、北九州市の南東部に位置し、瀬戸内海・周防灘沿いにある地域を「京築(けいちく)」地方と呼ぶ「京」都郡+「築」上郡)

 京築地方も全国紙のシェアが圧倒的に多く、実質県紙の西日本新聞は介入の余地がないエリアとなっている。一方、県版に関しては昨今の新聞不況になぞり、京築が独立しているのは毎日新聞だけになった。

毎日新聞の地域面

f:id:fuwafuwaame:20200629171002j:plain

京築が独立している。

 他の県版が次々に統廃合を繰り返す中、京築地方だけは2020年6月現在でも北九州版から独立しており、取材拠点も小倉北区紺屋町の西部本社に加え、支局レベルで行橋(行橋市苅田町・みやこ町)・豊前市築上町上毛町吉富町の2箇所を受け持っている。

 地域面は京築独自の紙面で構成されるものの、最近は北九州・筑豊版を流用する機会が増えるなど、あくまでも取材拠点と販売のシェアが多いことに配慮して、敢えて独立させているものとみられる。

 京築地方の版立ては、他の福岡県と同様、最終版の「14S」となっている。

f:id:fuwafuwaame:20200629171625j:plain

隣県の大分県は「12▲」だが、京築は13をすっ飛ばして「14S」。

朝日新聞・読売新聞の地域面

 昨日は主要道めぐりをしてきたが、毎日新聞に加え、朝日新聞・読売新聞も一部買いしてみた。日曜日だからというのを勘案しても、朝日新聞・読売新聞ともに地域面は福岡県内共通の話になっており、版立ても「朝日14S」「読売13S」だった。

f:id:fuwafuwaame:20200629172155j:plain

朝日新聞・読売新聞、どちらも北九州と一緒くたにされている。

スポーツニッポン

 北九州市内では駅売りを除き、基本的には他の福岡県内と同様の「9A」が流通している。しかし、小倉南区の朽網地区にある毎日新聞印刷工場近くのファミリーマートでは、事実上の最終版である「11A」が即売されていた。この辺は単純に印刷工場からの輸送可能範囲と、即売に関しては駅というパブリックな場所を勘案して、早版か遅版の配慮をしているものと見られる。

 今回は例のファミマめぐりをする理由から、印刷工場から一番近い苅田町のサンクス鞍替え店舗で購入したが、さらに近い所(ていうか隣接)では、印刷工場に隣接するRKB住宅展示場そばのセブンイレブン(北九州臨空産業団地入口店)がそれにあたる

f:id:fuwafuwaame:20200629172927j:plain

スポニチの超最新バージョンを入手したい場合は、朽網 or 苅田に行くしかない?

……なお、昨日のスポニチのヤバいページは、ホントスゴかったですよ(21p付近^^)。我が家に住み着く鳥さんも大喜びでした(