そらマメさん鉄道局・流通局

ココでは新聞の流通考察・鉄道旅行話などを。

野党の再編は目に余る。(客観) ●

mainichi.jpwww.yomiuri.co.jp ↑の話を見てると「だから何?」の次元で物事が片付いてしまう。

 上述の私の意見は妥当である。 全ての国民がそうではないことを前置きした上で言えば、正直、野党は審議妨害しすぎ。税金返せ

f:id:fuwafuwaame:20200910064116j:plain

菅義偉総理大臣にお願いしたい。

 というわけで、私が考える菅義偉総理大臣にお願いしたいことは、「国会議員評価機構」(内閣府所轄)の設立である

 第2次安倍政権の時は、強力な政府主導の政治を行えるよう、戦力になる官僚だけで構成させた内閣人事局を設立させた。これにより忖度が起きるという事案も相次いだが、一方では政府主導で法案の成立がスムーズに行えるようになるなど、必ずしも短所ばかりではない。

 この仕組みを応用し、内閣府の中に国会議員の姿勢・態度をチェックするための評価機構を設立し、野党に見られる政治のボイコットを阻止(←真面目に審議しろや)。もしも不埒な態度を取った場合は、評価機構の審査を経て内閣府が問題行動を起こした議員に対し、遠慮なく戦力外通告議員辞職・引退命令、場合によっては業務執行妨害の罪で逮捕可能)を発動できるような仕組みを設けること。

 国会は野党の遊び場ではない。野党再編などくだらないことはせず、速やかに解党・議員バッチ返却を行うように。その方が国民の利益と幸福に繋がる

 もちろん、具体的な審議をまともに行わず、国会対策委員会の中で事前の打ち合わせを容認してきた与党も罪深い。イタズラにパフォーマンスを行うような愚かな真似はやめ、自分たちは国民から信任を受けたという自覚を持って戴きたいものである。