そらマメさん鉄道局・流通局

ココでは新聞の流通考察・鉄道旅行話などを。

なんでや!巨人関係ないやろ!!(26-4事件)

www.nishinippon.co.jpwww.daily.co.jp まあ、暗黒時代のホークスを知ってる私としては、ホークスがガチで無敵の若鷹軍団になったのは高く評価する所だが、あまりに強すぎて、弱に巨人軍がちっぽけに見えてしまう。しかも毎年毎年ホークスが優勝する(または強引に勝ち上がって天下を取る)ので、何だか見ててつまんないと思った。ホークスファンの私ですら「えっ、何なのこの試合は」とキョトンとしてしまい、嬉しいんだけど相手球団は可哀想、と複雑に思ってしまった。

不名誉・不謹慎な巨人軍の記録

 巨人軍の不名誉な記録は下記の通り。スポーツ紙や一般紙の野球解説面などの情報源をもとに製作。

  • 2年連続4タテ連敗。プロ野球では史上初の記録。
  • シリーズ最少得点・最小打点:4
    2005年の阪神タイガースが出した記録と並ぶ。
  • シリーズ最小安打:16
    2005年の阪神・2019年の巨人が記録した「22」を大幅に下回る。
  • シリーズ最低打率:.132
    2007年に日本ハムが記録した「.147」を更新。
  • シリーズ最多三振:41
    2019年に巨人軍が記録した35本を更新。
  • シリーズ連敗:9
    巨人軍の監督では、水原監督の8連敗を超えて球団ワースト記録。
  • セリーグ球団は、パリーグ本拠地で21連敗。
  • 2013年の楽天戦第7戦から9連敗。球団ワーストタイ。
  • 丸選手、日本シリーズ12連敗(広島東洋カープ時代からの分が含まれている)。

f:id:fuwafuwaame:20201126173503p:plain

大本営巨人軍報道機関からも、敗戦を客観的に発表(謎)

その中でも評価があった事案

  • ビエイラ投手、日本シリーズでは最球速を更新(時速164キロ)
  • 第3戦でノーヒット・ノーランが生まれる所を、9回表に巨人軍の丸が2塁打を打ったため、記録達成を阻止することには成功。
  • 戸郷選手が敢闘賞。

真面目な話、セリーグの改革が必要

 デイリースポーツの記事にもある通り、セリーグの中で見れば巨人軍が強いものの、あくまでも「相対的に見れば巨人軍がたまたま強かっただけ」であり、井の中の蛙そのもの空前絶後の強さにまで成長したパリーグ(特にホークス・ロッテ・西武)にしてみれば、セリーグ同士で弱COM試合を行っても、パリーグ相手には全く通用しない。迂闊に戦えば戦うほどパリーグは攻略パターンを見透かされて反撃される(例:1回戦でホークスの周東君を狙いに行けばいいと思ってた巨人軍だが、グラシアル→栗原君に打たれてスキが生まれ、先発投手の菅野選手が降板したら、後は打たれ放題になる)。必死に点数を入れ、必死に守備に徹することしか出来ず、その間にも相手は攻撃パターンを掴んで遠慮無く打たれてしまう。

 「DeNAでもダメ、カープでもダメ、なら巨人軍なら……」となるが、そうじゃなかった。多分、どのセリーグ球団がやっても結果は同じだと思う。

 小手先の改革にはなるものの、少なくともセリーグにおいてはDH(指名打者)制度を本格的に導入することや、交流戦の見直しなどで地道に強化していくぐらいしか手段がないのでは?