そらマメさん鉄道局・流通局

ココでは新聞の流通考察・鉄道旅行話などを。

山陽新聞、夕刊取りやめ ●

fuwafuwaame.hatenablog.com↑の話を参照。

 山陽新聞社の社告にもあった通り、2020年11月30日付で夕刊の発行を取りやめ、翌12月1日から朝刊単独に移行した。

f:id:fuwafuwaame:20201205174639j:plain

11月30日付の夕刊。最終回となるこの日、社告で夕刊の速報性はデジタル版で行っていく方針を告げた。

 翌12月1日付では、当日から朝刊単独発行に切り替わることを示す社告が掲載されている。11月30日付朝刊では特に夕刊廃止に関する社告がない辺りは、元々、夕刊を購読している世帯が極端に少なかったものと見られる。

f:id:fuwafuwaame:20201205175155j:plain

翌12月1日付朝刊。左上の部分に朝刊単独発行に関する社告が掲載。

f:id:fuwafuwaame:20201205175237j:plain

価格表示。

 セット版での発行を行っていた山陽新聞だったが、元々、朝刊単独のみの購読を優先させるような商売をしていたためか、朝刊単独価格とセット版の価格を両記載していた。山陽新聞の購読料は2019年に引き上げられたため、1年間様子を見た結果、夕刊は割に合わないと判断したのだろう。12月1日以降の山陽新聞は、月極3,400円・一部売り150円となっている。

2020年に休刊・見直された夕刊の銘柄

f:id:fuwafuwaame:20201210193903p:plain

5銘柄が夕刊廃止、3銘柄が一部売り据置しつつ、セット版の価格を見直し。