そらマメさん鉄道局・流通局

ココでは新聞の流通考察・鉄道旅行話などを。

めりけんや

www.merikenya.com

f:id:fuwafuwaame:20210114180454j:plain

(すまいるえきちゃん)しこくといったら、さぬきうどん!

 高松駅の隣にはJR四国の系列会社が経営するうどん屋「めりけんや」があり、本場・讃岐うどんを調理・提供している。2日に快速マリンライナー高松駅に来た時、前日に宿泊したビジホでコンビニ弁当などを軽く食べただけだったので、朝飯代わりに立ち寄って見た。

 メニューの選び方などは他の讃岐うどん店と同様、最初に器に入れるうどん麺の容量を選び、その後でトッピングを自主的に選んでレジで精算という流れ。うっかり「先にイスに座って、店員が来たらメニューを伝える」という、福岡のうどん屋のノリで来店したため、どうやって注文したらいいか分からずに「???」な状態が続いた。○亀製麺と同じやがな。。(福岡三大うどん店に毒されてりゃ)

f:id:fuwafuwaame:20210114183254j:plain

大+エビ天+ちくわ、それに天カス・ねぎ山盛りで690円。

f:id:fuwafuwaame:20210114183400j:plain

(えきちゃん)戴いてました。

 味は讃岐うどんそのもの。ツユが濃厚でうどん麺に弾力性があり、コシがあって美味しかった。福岡人の私にすると、うどんはフワフワしたイメージだが、本場はしっかりと歯応えを感じる。うどんの風習が色濃い香川だけに、他のうどん屋にもチャレンジしたいな。

 なお、高松駅構内には「連絡船うどん店」がある。瀬戸大橋線が開通する前までは、高松駅隣のフェリーのりばを使って宇野駅とを行き来しており、そのフェリー内で提供していたうどん店をJR四国グループが継承している。ただ、COVID19蔓延を理由に元旦から営業を休止。訪問した時も閉まってたため、やむを得ず駅隣のめりけんやにGo!となったのであった。

f:id:fuwafuwaame:20210114183929j:plain

(れっちゃくん)あそこにJRしこくのほんしゃが。せいちじゅんれい!

 高松駅の近所をブラッと歩いたが、至近距離で四国旅客鉄道や四国キオスク会社の本社が建ち並んでいる。また、駅隣にある高層ビルにJR四国の高級ビジネスホテル(JRホテルクレメント高松)が立地するなど、この辺一帯はJR四国本社を含めた関連施設が数多く存在。何だか、九州・西日本よりも一足お先に「聖地巡礼」してしまいましたな……。