そらマメさん鉄道局・流通局

ココでは新聞の流通考察・鉄道旅行話などを。

コンビニで業界紙・地域紙が買えるという話

 一部の業界紙・地域紙は、コンビニに置いてあるマルチコピー機を活用して、バックナンバーをプリントアウトできるサービスを行っている。実際にはeプリントサービスを運営するBIT社が、各新聞社と業務提携を果たし、過去データをデジタル化した上で有償で頒布する仕組み。

 元々は当日開催分の競馬・パドック情報をプリントする客向けのサービスだが、新聞の紙面データを送るという技術自体は競馬新聞以外でも通用。業界紙・地域紙プリントは、この延長線である。

www.e-printservice.net この話を聞いた私は、早速、セブンイレブンのマルチコピー機を使って、2つの業界紙を印刷してみた。全てモノクロA3サイズで出力され、裏面刷りまで含めて各紙300円程度で発売されていた。

f:id:fuwafuwaame:20210510200253j:plain

日本食糧新聞と週刊観光経済新聞

 一つ目は日本食糧新聞。姉妹紙に「外食レストラン新聞」「百菜元気新聞」があるものの、今回は本体のみ購入。福岡県立図書館でもチラッと拝見したが、名前の通り、食品加工業向けの業界紙となっている。加工食品の話題に関しては、日本経済新聞社が発行する「日経MJ」と競合関係にあるが、「食糧」だけあって、発行日ごとに特定の食品だけ取り上げたコーナーで数ページ埋まるなど、食べ物好きには一読の価値がある。

f:id:fuwafuwaame:20210510200706j:plain

日本食糧新聞。ホントに食べ物・飲み物しか取り上げない。

 もう一つは「週刊観光経済新聞。こちらは週一での発行となっており、旅行業に携わる企業相手に様々な業界話を載せている。最近はCOVID19流行に伴う「GoToネタ」の封印や、C19状況下における旅館・旅行代理店の取り組み・自治体への根回し活動などが主。買う予定は無かったのだが、リストに掲載されていたので、興味本位で購入してみた。

f:id:fuwafuwaame:20210510200957j:plain

週刊観光経済新聞。旅好きの私にすれば、ある意味タイムリーな話が盛りだくさん。

 注意点としては、あくまでもコンビニプリントの範囲内での頒布となるため、実物と違ってページ数が限定されている所。例えば日本食糧新聞の場合は、本来は1部構成のみとなっているが、コンビニ頒布版はそれを3分割しており、全部印刷する場合は実質的に1部900円もする(本来の価格は1部439円)

 そのため、あくまでも新聞閲覧ではなく、見本紙を有償で購読しているという感覚で捉えた方がいいと思う。また、海外紙も項目はあるものの、既にデジタルプリント自体を打ち切っている新聞社だらけで、パッと見、プリントできる新聞はごく僅かしか無かった(それだけ海外と日本とでは、新聞の流通に対する価値観・合理主義が全く異なることも意味している)

 取りあえずコンビニプリントで興味のある新聞を印刷・試し読みし、必要に応じてバックナンバーを新聞社から取り寄せることも検討したいと思う。……そこは「二度手間」というツッコミはナシという方向で(汗