そらマメさん鉄道局・流通局

ココでは新聞の流通考察・鉄道旅行話などを。

何をいまさら。アンタらは五輪の公式スポンサーだろうが、って話。

www.asahi.commainichi.jp

f:id:fuwafuwaame:20210526161745j:plain

(我が家の鳥)でも、どうせ高校野球は開催せよ、などと言うんでしょ?(笑)ご都合主義め。

 どこからツッコんで良いのか、よく分からんが、朝日・毎日や一部の地方紙(どうせ共同通信のコピペ社説だろう)がデカい声で叫んでいる五輪中止の見解は、「何となくそう言っておかないと」という、ある種の空気だろう。

 そもそも、朝日新聞社毎日新聞社の2社は東京オリンピック2020の公式スポンサーであり、本来、批判してはいけない立場である。それに、仮に百歩譲って五輪が中止になっても、「COVID19に打ち勝つために高校野球を開催する」など言うに決まっている。ご都合主義にも程がある。

 新聞社をはじめとした報道機関は、国民の暴徒化・不安を払拭・抑制させるため、100%の中立性を保つことは出来ないにしろ、冷静かつ客観的な事実のみを淡々と伝えることから始まる。これを守らずに大きな声で「世論の代表」と「公益性」を主張されても、シラケるだけだ。そもそも朝日新聞毎日新聞、一部メディアは、COVID19の勢いをある程度抑制させることが出来た昨年までは、普通に「1年後が楽しみ~」と言っていたではないか。単にスポンサーを離脱すればいい訳でもなく、その時の気分で主義主張を言うのであれば、大問題である。

 新聞業界としては、国際オリンピック委員会日本オリンピック委員会・日本政府・東京都などと連携して東京五輪を成功させることを目的にしてきたはずである。私も人のことを言える立場ではないが、ココは素直に政府見解を淡々と伝え、余計な口を挟むことは慎むべきである。

 その上で、開催が近づいたら感染症対策を十分に行い、国民の生活を最大限に守るため、政府や組織委員会・各自治体はあらゆる対策を確実に実施した上で、無観客試合になった場合でもしっかりとスポーツ祭典を成功させよう」、などと主張すればいいし、逆に中止に追い込まれた場合は「国民全員が納得するとは思えないが、政府の苦渋の決断であり、致し方ないことだ」、などと解釈すればいいのである。

 読者に忖度し、世論の空気に左右されて「売らんかな」的に報じる行為こそ、ポピュリズムである。報道機関はもっと慎重に発言していただきたい。

総力取材 東京2020 オリンピック・パラリンピック完全ガイド

総力取材 東京2020 オリンピック・パラリンピック完全ガイド

  • 発売日: 2019/07/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)