そらマメさん鉄道局・流通局

ココでは新聞の流通考察・鉄道旅行話などを。

毎日新聞 購読料値上げ

www.mainichi.co.jpfuwafuwaame.hatenablog.com↑の話も参照。

 朝日新聞に次いで、毎日新聞も7月1日付から購読料を値上げする

f:id:fuwafuwaame:20210616101132j:plain

値上げはジャーナリズムの礎。ご理解を。

発売価格

  • セット版 4,037円→4,300円
  • 統合版 3,093円→3,400円
  • 一部売り(朝刊) 150円
  • 一部売り(夕刊) 50円

 一部売りの価格が変わらないのは、約1年ほど前に引き上げているため。その時は軽減税率適用でどうにか乗り切れたが、最近の毎日新聞社の非常に不安定な経営環境が響いているためか、聖域とも言える月極めにもメスを入れた格好となった。セット版では他紙と同様の価格にすると差別化が図れないため、後述の別紙の発行見直し・統合化も視野に、幾分安く設定して、購読者の引き留めに腐心している様子が窺える。

オピニオン主体の日曜日版新設

 比較的ニュースが少ない日曜日の紙面デザイン・構成を大幅に見直し、読者交流コーナーや調査報道・パズル面の一極化などを施す。ニュースは平日で対応し、日曜日はオピニオン重視の構成に近づく。

 また、毎日小学生新聞の一部記事を毎日本紙でも抜粋・掲載するように見直す方針で、見方を変えれば、毎小自体の休刊も視野に入れている可能性が高い

 気掛かりだったのが今日の中面にある「大学ランキング」の部分。これは系列誌のサンデー毎日お得意の話であり、わざわざ毎日本紙で紹介する程のモノかと一瞬疑った。もしかしたらサンデー毎日そのものも統廃合になる可能性も否定できない不定期で毎日本紙でも実施しているのかもしれないが、購読料値上げ・紙面見直しと重なると、済し崩し的に再編と思われてしまう)

f:id:fuwafuwaame:20210616102528j:plain

単なるレッテル貼りレベルの、サンデー毎日お得意の「なんでも大学ランキング」。
これを毎日本紙でやるかって。。

 デジタル版は従来通り、宅配利用客はこれまで通り無料で閲覧可能(配達不能時の代替)。別料金で「医療プレミア」「政治プレミア」などが閲覧できるのも今まで通り。電子版のみの契約も継続する方針。