そらマメさん鉄道局・流通局

ココでは新聞の流通考察・鉄道旅行話などを。

J-WESTカードの通信簿

 JR西日本公式のJ-WESTカードを自己評価してみる。

 正直言えば「いやぁ、本当に使いにくいカード」という印象ばかりで、よくこんなクレジットとお付き合い出来るもんだと感心するばかりである。残債があるため、直ぐさまJ-WESTカードの縛りからは解かれないものの、そこは分割・リボ払いの組み合わせで粛々と精算していく。

 というわけで、ココでは総評価をスマートイコちゃんと一緒に考えていく。

f:id:fuwafuwaame:20210806172458j:plain

J-WESTカード。良くも悪くも、頻繁にJR西日本鉄道路線を使う人向けなんだな……

良かった点

J-WESTカード加盟店での購入

 J-WESTカード加盟店では、積立ポイントが貯まりやすいという長所があり、1ヶ月単位で利用すると、数ヶ月程度で割とあっさり1,000pt近くまで貯まる。最初はスマートICOCAにチャージしていたが、頻繁にJR線に乗るわけではないため、後に景品交換路線に走っている。やたらと自宅に寝そべったイコちゃんが乱立しているが、その多くはJ-WESTカードのポイント交換で得たものである。

f:id:fuwafuwaame:20210806172010j:plain

我が家にたくさん寝そべりイコちゃんが生息。悪ノリしすぎである。。

eきっぷを手配できる

 雀の涙程度の割引にはなるが、当日出発分でも乗車券・特急券・指定券の正規購入よりもチョッとだけ安くなる「eきっぷ」を手配できる権利が与えられている。

 COVID19の蔓延でJR西日本が遠慮なく減便を行う状況下が今後も続くため、鉄道サービスの維持を理由に、J-WESTゴールドカード以外(EX会員・ベーシック会員)はeきっぷの手配不可、みたいな流れも予想される。

悪かった点

締切日・支払日がヘンなところにある

 J-WESTカードに限らず、JR九州の「JQ CARD」でも同じことが言えるが、このカードは「締切が15日・支払日が翌月10日」という、謎の設定になっている。恐らくは提携している三菱UFJ銀行との絡みでその場所に設定したのだろう。

 また、ETCカード利用時は「末締め・翌々月の10日払い」という変則的な設計にもなっており、高速道路でドライブに出かけるときは、残債とETCの翌月持ち越しとの間を、いかにして調整するかで相当悩んだ。

キャッシング機能が無効化されている

 いわゆる総量規制つき借金。もちろん使いすぎるのは多重債務の危険性があることから慎重に考えて利用しなければならない。が、J-WESTカードは、この機能が最初から無効になっており、提携している三菱UFJ銀行に尋ねてもNGだった。

 なお、現段階ではカードを含め、支払いモノは延滞なく支払っている。

ポイント交換の使い道が限定的

 ケチになりがちなJR西日本の性格にも直結するが、ポイント交換に対するサービスの悪さは、他のクチコミでも指摘されている通りである(1,000円で5ptなので、全体的には0.5%の還元率)。ただ、ポイント自体はささやかなオマケ程度の話であるのは最初から知っていたため、あまり意識はしなかった。

JR西日本管内で完結し、かつ、少しでもきっぷを安く買いたい人向けのカード

 JR西日本のWebサイトやクレジット契約申込書にも書いてある通り、下記の用途で使うのであればオトクである。

  • 新幹線を利用して長距離移動をする場合に、乗車運賃のごく数パーセントを割り引く「eきっぷ」を購入する場合。
  • JR西日本の駅構内にある、おみやげ街道などの駅ナカ・駅チカショッピングをする場合。
  • スマートICOCAのクイックチャージに、J-WESTカードから実質的にカネを借りる場合。

 それ以外の用途は基本的に想定しておらず、普段から買物で利用するならば、ショッピングモールやガソリンスタンドなど、流通系が発行するクレジットカードとお付き合いするのが一般的。「何となくJRがそう言ってるから」で判断してはいけないってことを教訓として学んだ。

※但し、私鉄の場合は、子会社で流通系のデパートやスーパーマーケットなどを経営しており、それで鉄道系と連動させている会社もあるため、全てが弱点だらけではないことは理解する必要がある。

クレジットカードを組むときの課題

 一般的に交通系はクレジットカードの契約がやや厳しくなるという傾向にあり、他のJR各社が発行しているものでも、意外と舌を巻くほどの難易度であるという情報は聞いている(提携先が銀行系になるか、信販会社になるかでも変わってくる)。そのため、私は運良く(?)J-WESTカードを契約できたのはちょっぴり嬉しい。

 ただ、それだけ審査が異様に厳しいということは、言い換えれば「使用用途が限定されていることをご承知の上で、門を叩いて下さい」ということでもある。恐らく私の場合、以前にゆうちょ銀行のクレジットカード(提携先はSMBC三井住友銀行)を組んでおり、そこで一定の経験を積んでいたからこそ、J-WESTカードは特に問題なく契約が進んだのだと分析する。

 また、JR西日本の視点で考えれば、審査は別として「あなたはずっと、JR西日本管内の鉄道路線を使ってくれますよね?」という問いにも繋がってくる。青春18きっぷなど、特定の期間しか利用しなかったり、あるいは2人縛りの制約がないきっぷを買う場合など、JR西日本にしたら冷やかし同然のように思われる客にしたら遠慮なく排除するのと同様、J-WESTカードも鉄道利用とかけ離れた使い方をする客が想定されるため、ある程度は門前払いにさせたり、もしくは利用限度額を厳しく規制したりして、「ホントにJRを信頼してくれるのか?」という問いでもあるのだと思う

 なので、J-WESTカードをはじめとしたJR系は、あまりお勧めできるとは言い難い。サブカードとして所有する分には問題ないが、メインは無理。