そらマメさん鉄道局・流通局

ココでは新聞の流通考察・鉄道旅行話などを。

徳佐駅

 山陽線新山口駅と、山陰線・益田駅とを結ぶ山口線では、駅員が滞在しているのが湯田温泉駅山口駅・津和野駅のみとなっている。このうち、県庁最寄りの山口駅を除く2駅は、駅員不在時間が定められており、訪問するタイミングが悪いと実質無人駅の状態で乗車・下車しなければならない。

 一方、山口市と合併する前の旧・阿東町中心部にある徳佐駅は、自治体に駅業務を委託する簡易委託駅として運用されており、この前のドライブで偶然立ち寄る機会があったので訪問してみた。

f:id:fuwafuwaame:20210830195715j:plain

山口線 徳佐駅

 国鉄時代からある古ぼけた木造家屋の駅舎だが、一応は特急「スーパーおき」号の停車駅。特急が停まるのに自治体管理(実質無人)というのは、なかなか珍しい。

f:id:fuwafuwaame:20210830200234j:plain

国鉄時代に造られた木造建築の駅舎あるある

f:id:fuwafuwaame:20210830200312j:plain

1面2線の島式ホーム。普通列車は1日10本程度。

 一応、POS端末向けの85mmきっぷを発売している。最初は入場券が欲しいと係員に告げたが、よく分からずに「ない」と言われたので、初乗りきっぷを購入。駅をウロウロしていたら係員がやってきて、入場券の項目に関して係員の勘違いだったらしく、窓口に戻って再発行手続きをしてもらった。難しいもんね、アノ画面は。

f:id:fuwafuwaame:20210830200525j:plain

簡易委託駅で見かける、駅名の文字が異様に大きい入場券(POS端末)。

 訪問時は(筆者も含めて)どう考えても乗る気がないオッサンやにーちゃんたちがウロウロしていた。何やろうな~思ったら、SLやまぐちの帰り列車がこの後やってくるため、いわゆる撮り鉄な方々がカメラを持って待機していた模様。

 ……私、そんな三密になってまで蒸気機関車に乗ろう・撮ろうだなんて思ったりしません。揉まれたくないし、時間も迫ってるので早々と退散しました。(客観)

f:id:fuwafuwaame:20210830200126j:plain

SLやまぐちが来る前に脱出しちゃえー