そらマメさん鉄道局・流通局

ココでは新聞の流通考察・鉄道旅行話などを。

秋の乗り放題パス

 JRグループでは10月14日の鉄道の日にちなみ、全国のJR線が乗り放題になる秋の乗り放題パスを、毎年9月中旬~10月下旬にかけて発売している。

きっぷ

f:id:fuwafuwaame:20211005015627p:plain

秋の乗り放題パス(2021年版)

きっぷのルール・特約(2021年版の場合)

いわゆる「青春18きっぷ」の秋版

f:id:fuwafuwaame:20211006185950p:plain

 上記の発売・利用条件を見ても分かるとおり、JR各社が春・夏・冬に実施する「青春18きっぷ」の中身とほぼ同じ。違いは「1人用限定で連続した3日間」という設定になっていることと、その性質上、「こども」向けのきっぷが設定されていることである

 1日あたりのおねだんは、単純計算で約2,620円。18きっぷの時が1日(回・人)で約2,410円であるため、秋の方が少し値が張る形になる。とはいえ、その差は約210円程度にしかないため、普段から「乗り鉄」主体で動いている場合は、あっさりと元を取り返せる。

駅スタンプ集めでJR線に乗車するが……

 今回はJR九州管内と、久しぶりにJR西日本管内の山陽本線山口線宇部線をぶらりと出かける旅をしてみた。駅スタンプを集めていくというシンプルなもの。

 JR西日本管内では窓口閉鎖・改札業務に特化するように見直されているが、駅員にスタンプを申告すればスグに貸し出してくれるため、そこそこ集めることが出来た。逆に、JR九州ではスタンプを撤去した駅が多数確認でき、直営駅でも様々な理由から廃止した所もあった。JR各社ごとに対応がまちまちであるのを見ると、駅鉄ファン向けのサービスとして提供するか否かで温度差があったと思う。

f:id:fuwafuwaame:20211006190634j:plain

下関駅に停車していた、山陰線を通る「はなし号」。いつか乗ってみたい(口だけ)

f:id:fuwafuwaame:20211006190736j:plain

宇部新川経由の新山口ゆき普通列車

f:id:fuwafuwaame:20211006190826j:plain

山口線の中心駅・山口駅で、しっかりとスタンプ捺印。
隣の湯田温泉駅無人時間帯だったため、押せませんでした。

f:id:fuwafuwaame:20211006191016j:plain

2日目は久しぶりに香椎線西戸崎駅へ。この日のスタンプは、全くの空振りだった。

f:id:fuwafuwaame:20211006191149j:plain

3日目は熊本。スタンプは熊本駅しか押せなかったが、変わり果てた熊本駅アミュプラザ熊本は、とても素晴らしかった。

結論。3日間連続利用は、おじさんには堪える

 連続3日間という設定だが、その間に7,850円以上の乗車をすれば元を取り返せるため、比較的中長距離な移動を伴う場合には有効。また、3日間は利用可能なので、1日目である程度乗車しておき、2日目は休憩して、3日目でもっかい遠い所へ行くといった使い方も可能。初めて利用したため、元を取り換えそうと無茶しまくったが、冷静に考えれば、2日目は飛ばして良かったなぁと思う。

 ただ、さすがに加齢が進んだのか、修行に近い疑似18もキツくなった。来年もコレを買うかは謎。