そらマメさん鉄道局・流通局

ココでは新聞の流通考察・鉄道旅行話などを。

常備乗車券 大野下駅編

 18きっぷ熊本県内の郵便局めぐりをした時のこと。ゆうちょ銀行の窓口が閉まる午後4時前に大野下駅に下りたち、そこで急いで入金処理をすることでその日の局巡は終了となった。

 大野下駅は地元の人が管理する簡易委託駅で、訪問時は(局巡の事情から)平日だったため、普段は閉まってるはずの大野下駅の窓口が開いており、そこできっぷを買うことに。自動券売機はあるものの、それを使おうとすると窓口にいるオバさんからエラい嫌がられるため、きっぷを窓口で買うように推された。

 で、購入した時に買ったのがこれ。

f:id:fuwafuwaame:20220319181004p:plain

常備券(片道きっぷ用)

 鉄道ファンであれば大抵の方は知ってあろう、例の常備券で発行された。普通のJR所轄の有人駅であれば、例のMARS/POS端末を活用して磁気券が出てくるが、簡易委託駅でそうした機械がない駅の場合は、上記のようなチケットみたいなきっぷを発行する。

 何度か写真で見たことはあるが、実際に手に取った時は少しだけ感動。「やっぱこのやり方は実在してるんやなぁ~」と。

 ちなみに駅窓口を担当していたオバさんも、出場時に見せたきっぷが例の「18」だったため、「入場券代わりに買っていく人なんやな」とスグに見破った様子。ノリノリで常備券を発行して下さった。ありがたや。

f:id:fuwafuwaame:20220319181626j:plain

大野下駅のスグ隣に郵便局があるから、楽。しかも風景印まである。

f:id:fuwafuwaame:20220319181858j:plain

……なお、大野下駅の隣には白いポストがヒッソリと設置されている。見なかったことにしておこう()

 要件済ませたら、あとは鳥栖行き普通列車に乗って、そのまま筑後船小屋駅でFINISH。