そらマメさん鉄道局・流通局

ココでは新聞の流通考察・鉄道旅行話などを。

特急「かささぎ号」

 西九州新幹線の開業に合わせ、江北駅より南側を走っていた特急「かもめ」が、原則として廃止される。その代わり、激変緩和措置の一環として、肥前鹿島と佐賀・博多を結ぶ特急「かささぎ」が、ダイヤ改正となる2022年9月23日より運行される

 あくまでも肥前鹿島方面へ向かう特急が無くなることに対する緩和策なので、段階的に本数が減らされる運命にある。まずは1日7本の博多往復から始まり、次にデータイムの運行取りやめ・朝の通勤時のみに降格・佐賀駅または江北駅で乗り換え(リレーかもめ or リレーみどりと統合化)を行い、最終的には快速→普通に降格する形になるものとみられる。

 佐賀県への配慮とはいえ、佐賀と肥前鹿島の間は、正直言ってそこまで時間が掛かるほどのモノでもない。また、江北駅より南側の長崎本線は単線(肥前浜駅より南側は非電化に降格)であるのを踏まえると、ムリして特急(ホームライナー)を残すべきかは微妙である。まあでも、一応は乗ろうかな~とは思ってるけど。

短命に終わる可能性が高い「かささぎ号」。そうなる前に、しっかり乗車したいものだぜ。

 なお、今回のダイヤ改正では、佐世保線大村線を通る特急「みどり・ハウステンボス号」に関しても、それまで長崎本線で使っていた885系を転用する方針。振り子型車両で安定性・速達性が改善されていることから、早岐佐世保ハウステンボス方面へ向かう特急列車の移動所用時間が、最大9分程度短縮される見通し(但し、上下22本に関しては、現状の783系をそのまま流用する)