そらマメさん鉄道局・流通局

ココでは新聞の流通考察・鉄道旅行話などを。

郵便局めぐり 54日目(2022年7月4日)

 54日目の郵便局めぐりは、久留米市内の完全攻略が目的

 マイナンバーカードを作った人にだけ限定して、日本政府から登録したキャッシュレス決済に対し、15,000円相当のマイナポイント(実質、定額給付金)が付与。これを活用して、今後の郵便局めぐりをする上で必要な63円はがきの購入と、独自ルールであるゆうゆう窓口対応の郵便局で使う120円切手を購入した上で、残り5局に迫った久留米市内を今のうちに片付けてしまおう、という企画である。

はがき・切手類のお買い上げ

風景印のためだけに、はがき50枚+120円切手10枚を購入。

 キャッシュレス決済に必要なマイナポイント還元分が登録されたことを確認した上で、出発。経路上、久留米市田主丸町から巡る方が効率的と判断したため、手前のうきは市にある吉井郵便局ではがき50枚・切手10枚を一度に買う。下関市など極端な例外もあるが、風景印が設定されている郵便局はそれほど多くないため、しばらくはがきの購入であくせくすることは無いだろう。

 なお、キャッシュレスの対象は、ゆうちょPayを採用。え?そりゃそうでしょ?だって、郵便局めぐりだもん(PayPayのような汎用性が皆無なため、ある意味、使える場所が郵便局に限られるw)

貯金旅行

 旧・田主丸町では、田主丸船越郵便局が残っていた。ココには風景印があるため、貯金ついでに風景印を押して貰い、田主丸エリアの攻略は完了。「なぜそこだけ残したのか?」については、後で。

田主丸船越郵便局。なぜか微妙なところを残してしまっていた。

旧・田主丸町の郵便局にある風景印、必ず「カッパ」が紛れ込む。

 田主丸を脱出し、久留米草野局→大城簡易局の順番で久留米市東部を攻略していく。大城簡易局は一時的に閉鎖していた時期があったものの、今回の訪問では再度復活していたため、簡易局一時閉鎖特別ルールを発動せずに済んだ。

 その後は久留米インターそばのマクドで一服し、六ツ門にある例の多目的ホールの駐車場に停めて、徒歩で東町郵便局へ。久留米市内では唯一の商店街にある郵便局で、Googleマップ頼りだとド派手にスベる恐れがある(実際、私も後で確認したら「どうしよう?」と悩んだくらいだから)。

一番街の道中にある郵便局。徒歩で無ければ到達できない局のひとつ。

 その後は少しブラブラし、最後に津福本町地区にある久留米津福本町郵便局で、51局にのぼる壮大な久留米市内の郵便局めぐりが全て終わった。\(^O^)/

最後は団地裏の津福本町局でFINISH。久留米市最初の時も住宅街からスタートしてる。

なぜ、久留米市内はこれほど時間が掛かったのか?

 単純に言えば、久留米市内の郵便局を甘く見ていたことや、総じて何局あって、どこにあるのかをしっかり理解していなかったからに尽きる

 確かにGoogleマップを使えば、現在地をもとに最も近い郵便局を探り出してはくれるが、あまりに至近距離すぎると重複訪問になる恐れがあるし、かといって遠い所から攻めると、今度は近くにあるはずの局をすっ飛ばす恐れがある。また、局巡をスタートさせた当時は「久留米市51局なんて、そんなのムリムリ」と悟っていた側面があったため、実際に全部埋まる寸前になると、どこが抜けているのかで犯人捜しをする結果に陥ってしまった。

 そのため、郵便局の公式サイトで局一覧をプリントアウトし、それをもとに1局ずつ訪問した郵便局を確認するやり方を途中から採用。結果、中途半端にやり残した局がゾロゾロ出てきて、しかも中途半端に遠い所ばかりが残ってしまった(それが今日の郵便局めぐり)。

 Googleマップを頼りにするのは基本だが、やはり事前に調査した上で、局リストを準備した上で一つずつ確認しながら進めて行くべきだと考えさせられる。たとえ1~2局しかない自治体があったとしても、しっかりと情報を確認した上で攻略していきたいところ。

 ちなみに、合併後の久留米市は真横に長すぎるため、仮に局リストを持ち歩いた場合であっても1週間近くは掛かることは承知して欲しい。

日本郵便公式サイトの情報をもとに、局一覧をプリントして訪問。これ、ホントに大事!

今日の通帳

通帳(2022年7月4日)

田主丸船越→久留米草野→大城簡易→久留米東町→久留米津福本町
(合計5局/通算658局)

 次の訪問で、ぞろ目の666局目に達する可能性が見えてきた。果たして、どこでぞろ目になるか?自分でも分からない……

今日のメシ

ファストフード店でゆうちょPayが使えると思うなよ。(2022年7月4日現在)