そらマメさん鉄道局・流通局

鉄道旅行・新聞の流通考察・雑談がメイン。

日本 vs ドイツの試合結果

www.asahi.com

 FIFAワールドカップ2022カタール大会において、サッカー日本代表はドイツに2対1で勝利。前半戦では危うくどうなるかと懸念されたが、後半に入って堂安選手が同点に追い付き、更には浅野選手が逆転ゴールを決め、そのまま試合終了。難敵ドイツを突破できたことから、ドーハの奇跡・過小評価するななど大いに盛り上がり、次のコスタリカ戦に望みを繋いでいる。

 ……さて、ココで問題になるのが、紙媒体への反映。通常と違い、日本時間の翌0時寸前に試合が終了したため、いわゆる早版・遅版・最終版の各地で紙面が大きく変動する可能性が極めて高いことが予想されていた。

 西部本社・筑後エリアの結果は次の通り。

  • 西日本(18S):一面右カタ ※共同通信ニュース
  • 読売(13S):一面左カタ
  • 朝日(14S△):一面左カタ
  • それ以外は全滅。未掲載か、試合前の選手陣の様子

 読売新聞・朝日新聞の2銘柄に関しては、印刷時間を無理やり調整して「追い掛け」対処しており、通常は見られない追い掛けマーク「●」が随所に反映されている。西日本新聞共同通信からの第一報となっているが、それでも無理やり挿入しているあたり、幾度かの追い掛けを施した可能性が高い。

西日本(筑後18S)・西部読売(13S●)。朝日は諸事情により未購入。

共同電ながらも、スポーツ面を割って1.5ページかけて詳報を掲載(西日本18S)

西部読売(筑後13S)も、追い掛けを発動させて1ページ丸ごと掲載。

 スポーツ面では詳報が載った一方で、社会面に関しては現場の様子を詳細に報じることが難しかったことから、筑後エリアではファンの動向や注目選手の動きなどを予定稿でフォローしていた。

西日本は社会面右ページに第一報。記事は共同・写真は西日本。

西部読売は注目の遠藤選手の動向を掲載。最終版では中身がガラリと変わっているはず。

 最終版の地域(福岡・北九州都市圏)であれば、締切が1時間程度あることから、印刷時間を大きく調整した上で最終版+追い掛け大前提で詳報を載せられたはずだが、ただでさえ慢性的配達員不足+読者層の減少などで印刷を見直している昨今からして、現場は相当混乱していたのは想像に容易い。

 ちなみにスポーツ紙はと言うと、最終版が出回る福岡市・北九州市のごく一部地域でどうにか第一報を一面に持ってくることが出来たらしいが、大抵は締切時間を過ぎて印刷を開始・配送まで行っていたため、全く間に合わない。翌25日に改めて再掲載した上で分析記事を載せるものとみられる。

 23時45分前後に試合終了、そこから遅版を翌0時台に開始、最終版も翌2時台に開始となったことから、情報伝達がかなりメチャクチャだったようで、Twitterのタイムラインを眺めていても、都心ですら試合結果を反映できていない地域があった様子。

 やはりココは素直に第一報程度に留めておき、Web版のテキストニュースでリアルタイム実況ニュースを伝える。そして情報がある程度ストックしたら、翌日の朝刊でしっかりと伝える。電子版を公開している限り、この方法で分担すべきだったかなとみている。

 ちなみに、27日に行われるコスタリカ戦は19時から試合が始まる見通しなので、今日のような早版・遅版・最終版での混乱は起きにくい。また、どう足掻いても絶望的に強いスペイン戦に関しては、翌朝4時からの試合となるため、やはり翌日に改めて反映になる見込み。