そらマメさん鉄道局・流通局

ココでは新聞の流通考察・鉄道旅行話などを。

熊本県の新聞流通考察 ◇

 熊本県内の新聞流通考察について。

f:id:fuwafuwaame:20200806134228j:plain

熊本県の新聞考察。基本的には熊日の読者層がメイン。

基本的には熊日の独壇場

 熊本県の県紙である熊本日日新聞が圧倒的シェアを誇る地域であり、次いで読売新聞>朝日新聞西日本新聞と続いている。熊本県と福岡県の県境に接する北部地域(荒尾市南関町など)や、水俣病問題で悩まされる水俣市などでは西日本新聞を購読している世帯も見受けられるが、基本的に熊日以外の新聞は介入が難しい。

 地域紙としては、人吉市に本社を構えて人吉・球磨地域を取材拠点とする「日刊人吉新聞」がある。

版立て

熊本県内の取材拠点

熊本日日新聞
  • 本社:熊本市中央区世安町
  • 支社:東京・大阪・福岡・八代
  • 総局:玉名・天草(本渡)・阿蘇・人吉
  • 支局:荒尾・山鹿・菊池・大津・南関・芦北・水俣・球磨・天草(牛深)・上天草・小国・高森・御船・山都・宇城・宇土・合志
西日本新聞
読売新聞西部本社
朝日新聞西部本社
毎日新聞西部本社

 かつては産経新聞大阪本社(西部支社)の南九州支局もあったが、廃止されて福岡市にある九州総局と一体化した。また、毎日新聞は発行部数(購読者数)が極端に少ないため、支局そのものは熊本市内に残しつつ、通信部を廃止して、南九州3県と地域欄・テレビ欄を統合化させる形で縮小化している。

熊本日日新聞

f:id:fuwafuwaame:20200806140008j:plain

熊本日日新聞(3版)

 1942年に一県一紙体制のもとで、旧・九州日日新聞と旧・九州新聞が無理やり合併させられて発足した新聞。

 熊本県内の読者層が多いことから、県内に密着した話が極めて多く、例の水俣病問題を初めて報道した新聞社としても知られる。また、社会面にはくまモンの4コマ漫画が掲載されるなど、かなりの愛郷意識があるメディアだと考えさせられるくまモンの4コマ漫画は、例の熊本地震や昨日の九州豪雨(人吉球磨豪雨災害)の時でも普通通り掲載されていた)

 珍しく夕刊を発行している地方紙でもあり、戦時中に戦局の悪化で一旦は廃止されるも、1949年に復活。夕刊の即売は熊日本社のある熊本市内のJR線沿いコンビニにほぼ限定されており、内容も共同電で対応するなど、余程のことがない限りは朝刊のみの世帯が多いと推測される。

 地域面は「県北」「県南」「熊本都市圏」の3区分。版立て表記があるが、熊本市内で「4」があるほかは、多くの地域で「3」が出回る。

西日本・全国紙

f:id:fuwafuwaame:20200806140834j:plain

面倒なので西日本・全国紙まとめて紹介。

 以前は全国紙・西日本も夕刊を発行していた時期があったが、全て廃止・統合化されている。全国紙は1ページのみ。西日本は県域1ページ+昨日の夕刊記事(共同通信によるコラム)が1~2ページという体制になっており、以前は西日本でも2~3ページも割って熊本県内の話を取り上げていた。

 なお、毎日新聞の場合は2019年4月から「地域総合(熊本・宮崎・鹿児島)」と称して、南九州3県の話をまとめて掲載する方式に見直された。前述の通りに発行部数が極端に少ない(全部足しても約2.4万部程度しかない)ため、1県ごとに発行する姿勢を合理化している。

番組表

熊本日日新聞

f:id:fuwafuwaame:20200806141727j:plain

NHKが右側という、変則的なレイアウトをしている。

 一般的な新聞の番組表でNHKが左隅に掲載するのに対し、熊日の場合はNHK熊本放送局が中央寄り(やや右側)、左隅がRKK熊本放送という特徴的なレイアウトをしている。また、プライムタイムとなる夜7時を境に横長のミニ広告が挿入される。

 RKK熊本放送熊本日日新聞と接点が深く、基本的にRKK以外は「後発局」として扱われる。他に熊日と接点があるのは、エフエムクマモト・FMK。

毎日新聞(南九州統合版)

f:id:fuwafuwaame:20200806142132j:plain

東スポの番組表かよ。。

 他の西日本・読売・朝日新聞は、その新聞社と関係の深い民放順で並んでいる。一方、毎日新聞に関しては、前述の通りに南九州総合版として3県が一緒くたにされたため、2019年4月から番組表も3県体制でハーフサイズ掲載に変更された熊本県内は青色で示された部分となっている。

その他

f:id:fuwafuwaame:20200806143223j:plain

ほ~、なるほど。

f:id:fuwafuwaame:20200806145924p:plain

テレビ局の並び順(熊本県

熊日は違和感なく読める

 昔から熊本県に出かける機会があるためか、熊本日日新聞は殆ど違和感なく読める。この県に来るとついつい一部買いしてしまう。余計な変化球もなく、マユツバと勘違いされる話も殆どないため、共同通信から送られてくる変化球のコラム・ニュースを除けば、九州の新聞ではココは割と好きだったりする(逆にヘンなイデオロギーをムキ出しにする長崎の地方紙は嫌い)。